文学賞での受賞を目指す場合

前述の通り、たいていの出版社は持ち込みを受け付けていません。
編集者は忙しく、見知らぬ人の作品を読む時間などとてもないからです。
新人賞を開催している出版社としては「持ち込むならそっちに応募してほしい」と思うのが当然です。
ですから、作家志望の方は新人賞を目指すのが一般的な方法です。
ここでは新人賞を目指す場合についての方法、アドバイスを載せていきます。


賞に応募するに当たっては、さまざまな規定があります。
規定に合わせて書けるかどうかも、プロ作家に求められるスキルのひとつですから、頑張りましょう。