面白い小説にするには

今まで文章、小説の書き方について説明してきました。これでアイデアさえ出れば小説が書けるようになります。もちろん、書きたいと思っている方はすでにアイデアをお持ちでしょう。持っていない方はこれから生み出していくと思います。
しかし、同じアイデア、構想を使っていても書き手によって小説とはまったく違うものになっていきます。例えアイデアがすごく良くても、文章が間違いだらけであったり、わかりにくいものであったならそれは「面白い小説」にはなりません。アイデアが平凡であっても文章が素晴らしいものであったら「面白い小説」になりえます。これまで説明してきた書き方はこの項目のタイトル通り「執筆の基礎」です。その基礎とアイデアがあっても「面白い小説」がかけるわけではありません。
これまでで説明していないものに「伏線」「暗示」「場面転換」「憧れ」「共感」「動き」「緊張感」など様々な小説の演出方法があります。それを説明するのは簡単ですが、実際に身につけるのは難しいものです。ここで挙げた演出方法は単純な文章の書き方、小説の書き方ではありません。例えばですが「伏線」。これは後のシーンのために布石としてさりげなく書かれている物です。ミステリーなどでは「トリック」をとくための鍵となるものだったり、真相をとくためのヒントとなるものです。
以上のように説明するのは簡単ですが、これをどうやって使うかは書き手次第になります。『ここでいれるべきだ』、『もっとさりげなく』など、こちらが思う「伏線」の使い方を説明しては、その型通りの「基礎のお手本」にしかなりません。それが面白い小説と言えるでしょうか。
ではどうすれば面白い小説になるのか。それは「文章力」を身につける事です。
アイデアは読後に物語の全体を把握して「面白かった」と判断されるものです。小説の一小節目だけを読んで内容が面白かったかどうか判断出来る人はいません。読み続けてもらわなければいかに良いアイデア、ストーリー、内容だったとしても意味がありません。
ここで言う文章力というのは「演出方法」「自分ならではの言葉遣い」「文章のリズム」などのことを指しています。それは作家自身の感性から出てくる物です。
文章力を鍛えるためには小説を書いていくしかありません。ただ一つ、漠然と自分のアイデアを文章として書き起こすのではなく、面白い読ませ方を考えて書くようにしてください。