自分の小説を見てもらおう

小説を書き始めの頃は「どうしてうまく表現できないだろう」と、悩むことがあったり、自分で書いた物を読んで満足して終わってしまうことがあります。
それでは出版には繋がりません。
 
プロ作家を志すということは自分の本を買ってもらうというのが目的の一つになります。
それには「他人が読んで満足するもの」を作り上げる必要があります。
それを満たす為にはどうすればいいでしょうか。
 
自分の書いたものを読んでもらうしかありません。
そこで色んなアドバイスを受けて人に見せて面白いと思ってもらえる小説ができあがります。
 
見てもらう為には小説投稿サイトなどに投稿するほか、自費出版を扱っている会社に持ち込むという方法があります。
通常の出版社では持ち込みを受け付けてないところがほとんどであり、文学賞などに応募しない限り読んでもらえません。
ですが、自費出版を扱っているところでは出版するということを前提に持ち込みを受け付けているところが多く、また前述した「他人が読んで満足するもの」、つまり出版できるレベルの小説にするまで、アドバイスをくれるところがあります。
 
短編ならば投稿サイトなどでも感想がきたりしますが、長編だとなかなか感想がこなかったりします。
長い小説を書いてみたら相談という形で自費出版を扱っている会社に持ち込んでみてはいかがでしょうか。