アイデアプロセッサー

今まで、執筆するための基本的な道具の紹介や、参考になる資料の紹介をしてきました。
今回は少し違う視点の道具を紹介しようと思います。

アイデアプロセッサーとはアイデアを整理する為のものです。
思いついたアイデアを活かすにはその情報を整理することが重要になります。

思いついたはいいけど、どこでストーリーに関わらせていいかわからないというアイデアがあったとしたとき、乱雑にメモ書きされているものでは使えそうな奴があったとしても見にくいです。
そこでアイデアをツリー構造で表示させたり、チャート図で制作するのがアイデアプロセッサーになります。
今まで出してきたアイデアをグラフィカルに表現し、見やすくするためのものです。

アイデアを階層化して表示することで、様々なアイデアを組み合わせて今までになかった発想がでてきたりと、何かと便利に使えます。

有名なアイデアプロセッサーだとiEditなどがあります。