まずは短編を書き始めよう

初心者によくあることに「設定に凝りすぎて、設定を作った時点満足してしまい書かずに終わる」というのがあります。
本業の作家ですら、完璧な設定を作り上げてから文章を作る人なんていないはず。
「書きたい」と思ったらまずは書いてみましょう。
 
設定を作り込むのは悪い事ではありませんが、そこに縛られ書けないというのは本末転倒です。
 
まずは短編でも良いから書きはじめましょう。
いきなり長編小説を書き始めても終わりまで書ける人はほとんどいません。
短編が完成したら、その小説の続きを書いたり、中身をより深くして膨らませ長編にだってできます。
設定集を作るより、一つの短編の方が長編小説の設定になる場合もあります。
 
よくあるのに「頭の中ではどういう性格の主人公なのかわかっている」と、理解しているつもりになっている場合があります。
それを形に表すのに設定集を書き始めるのですが、時間が経つと自分の中での記憶も薄れ、設定集を読んでも過去に自分が思い浮かべていた設定としっくりしない場合があります。
 
過去に書かれた箇条書きのプロフィールを読むよりも、短編の中で動いている主人公を見た方が「この主人公はこんな人物なんだ」とすぐに理解できます。
 
短編小説でもアイデアや設定が良かったりすると評価してくれる出版社もありますし、短編小説専門の文学賞などもあります。
 
また、短編小説を一つ書き上げたことが自信に繋がっていきます。
いきなり凝った設定の長編小説なんて始めから書き上げられる人なんてそうはいません。まずは短編小説を書き始めてみましょう。