結末を目指す

一番大事なことです。「終わりよければ全てよし」というように、内容に納得いかなくても、完結させることが大事です。
書き上げなければ今まで書いていた物は全て無駄になります。ラストまで書き上げて応募しなければプロの作家への道は開けません。
前項で短編を書く事をすすめたのは「完結した作品を作った」という自信を身につけるためでもあります。
趣味で書いているのであるならばともかく、プロを目指すのであれば目標時間内に完結させるというのは、とても重要です。

例えば、文学賞への応募締切、執筆依頼、連載など必ず締切というものがあります。
締切をすぎれば応募はできませんし、執筆依頼や連載などは「仕事」ですので、論外です。
個人的には完成度よりも優先される、物書きの最優先事項です。

読者が求めているのは「最後まで書かれた文章」であって「書きかけのストーリー」や「設定」ではないということです。