入門書

書く準備はできた。でも、アイデアがない。書きたいのにアイデアがでない。書き方がわからない。なんて人、たくさんいると思います。特に書き始めた頃は。
簡単にアドバイスをするならば、自分の好きな小説家の文章を真似したり、色んな小説を読むことです。出来上がった作品が本屋に行けば溢れているわけですから、執筆を目指す方に一番の教科書は小説です。
それでも書けないという方は、小説の入門書なんてものがあります。
 
書きあぐねている人のための小説入門
 
小説の自由